新しい会社では新人なんだという意識を

2009年6月 7日 11:43 | コメント(0) | トラックバック(0)

中高年になり再就職を希望している人もたくさんいます。リストラや倒産など再就職先を探す理由は人それぞれですが、若い人であろうと中高年であろうと希望する企業、職種に就く事が難しいのが今の日本の実情です。正社員として採用してもらうのはかなり厳しく、日雇いなど保証の無い不安定な生活を送っている人が増えてきているのです。
中高年という年齢に関係なく、再就職しようと考えているなら、新しい会社では新人なんだという意識をしっかり持ち、一から教えてもらい必死に学んでいこうという強い気持ちを持たなくてはなりません。次から次へと自由に会社を移り再就職を繰り返せるほど、雇用状況は甘くありません。採用が決まったら長く働こう、成功してみせるという気持ちで働きましょう。
中高年の再就職は年齢を重ねる毎に採用してくれる業者が減り、かなり厳しくなるようですが、再就職しようと考えているなら、頑張ろうという気持ちだけではなく日頃から気を付けておかなければならないことも出てきます。再就職だけの問題ではありませんが、気を付けたいのは自分自身の健康についてです。
どんな仕事でも健康だからこそ働くことが出来るのです。中高年になれば体のあちこちに不安も出て来てしまいます。自分ではまだまだ若い、元気だと思っていても何時の間にか病気になっていたり、疲れが残りやすい身体になっていることもあります。再就職先で健康診断を求められる場合もあり、結果次第では採用が取り消されたり、希望する職種に就けなかったりということもありますので、日頃から健康を維持するよう心がけましょう。

 

 カレーハウスCoCo壱番屋FC加盟の手引き  くっきんぐはうすFC加盟の手引き
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

働く意欲をアピール
中高年になり再就職を考えるなら、若い人よりも優れている点、豊富な経験をいかしていきましょう。
スキルアップを
中高年専門の求人誌なども販売されていますので、利用しながら再就職先を探している人も多いと思いますが、一般的に販売されている求人誌と比べて、中高年向けの求人誌はとても薄いのです。それだけ採用してくれる企業が少ないということです。職種も極端に偏っています。
36歳以上は中高年
40代は中高年となり再就職はどんどん難しくなっていきます。36歳を過ぎると一気に再就職が難しくなり年齢の壁というのが大きく圧し掛かってくるのです。
業種を特定しない
会社勤めの経験が豊富な人を求める企業もありますので、諦めずに再就職先を探してみましょう。
新しい会社では新人なんだという意識を
中高年という年齢に関係なく、再就職しようと考えているなら、新しい会社では新人なんだという意識をしっかり持ち、一から教えてもらい必死に学んでいこうという強い気持ちを持たなくてはなりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/431

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する