業種を特定しない

2009年6月 7日 11:45 | コメント(0) | トラックバック(0)

中高年になって再就職しようと考えるなら、業種を特定しないほうが見つけやすいかもしれません。広い分野で仕事を探したほうが見つかりやすいでしょう。業種や職種を特待してしまうと35歳以上の再就職は非常に狭き門になってしまいます。
中高年になり、自分がどうしてもやりたい職種に再就職したいと願う人も多いと思いますが、年齢を重ねた中高年の人を中途採用しようという企業はとても少ないのです。知人の紹介などで再就職できる場合は別ですが、自分の力だけで再就職先を探すのはかなり難しいのが実情です。
しかし、どの企業も中高年の採用を避けているわけではありません。業種によっては中高年の人を歓迎するという業種もあります。職種などは選ばないからとにかく再就職したいという人は、チャレンジしてみてはいかがでしょう。会社勤めの経験が豊富な人を求める企業もありますので、諦めずに再就職先を探してみましょう。
中高年は長い期間勤務してきたという実績があります。社会の事をこれから学んでいくという新人に比べるとすぐにでも役立つ即戦力となるのが中高年なのです。幹部候補生や管理職に就ける人材を探している企業では、中高年を重要視し採用したいと思っているのです。地域によって募集数なども違ってきますが、気持ちを新たにして今までとは違った業種に挑戦してみてはいかがでしょう。

 

 どすこいFC加盟の手引き  ドトールコーヒーショップFC加盟の手引き
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

働く意欲をアピール
中高年になり再就職を考えるなら、若い人よりも優れている点、豊富な経験をいかしていきましょう。
スキルアップを
中高年専門の求人誌なども販売されていますので、利用しながら再就職先を探している人も多いと思いますが、一般的に販売されている求人誌と比べて、中高年向けの求人誌はとても薄いのです。それだけ採用してくれる企業が少ないということです。職種も極端に偏っています。
36歳以上は中高年
40代は中高年となり再就職はどんどん難しくなっていきます。36歳を過ぎると一気に再就職が難しくなり年齢の壁というのが大きく圧し掛かってくるのです。
業種を特定しない
会社勤めの経験が豊富な人を求める企業もありますので、諦めずに再就職先を探してみましょう。
新しい会社では新人なんだという意識を
中高年という年齢に関係なく、再就職しようと考えているなら、新しい会社では新人なんだという意識をしっかり持ち、一から教えてもらい必死に学んでいこうという強い気持ちを持たなくてはなりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/432

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する